【相撲】不祥事連発で荒れる角界、力士が食べる「ちゃんこ」が原因だった!

投稿者:

1 :サスケ ★:2018/01/11(木) 11:53:45.81 ID:CAP_USER9.net
■白鵬の“あり得ない”行動の裏側

昨年は、一年納めの場所である九州場所のさなかに、横綱・日馬富士の暴力問題が発覚し、これまで相撲に特段の興味を持っていなかった方までも、否応なしにニュースに触れることとなり、相撲界は一体どうなっているのかと不審の念を抱いたのではないでしょうか。
その暴力事件が起きた現場には、別の2人の横綱も同席していました。白鵬と鶴竜です。
日馬富士を加えた3人の横綱は、いずれもモンゴル出身です。
同場所は、鶴竜はケガのため休場しています。

白鵬は、日馬富士の事件を受けて多少の動揺はあったかと思いますが、土俵を務め上げました。
しかし、横綱の面目を守るためがんばっていたものの、11日目に嘉風との対戦時、明らかに立ち合いが成立しているにもかかわらず、勝負がついた後、自ら「物言い」をつけ、嘉風の勝ち名乗りの後も土俵を去らず、納得のいかない表情で土俵に立ちつくしていました。
それでも、他の力士が総崩れする中、見事に通算40回目の優勝を果たし、自らの持つ優勝記録を伸ばしました。
それは立派なことだと言いたいところですが、その優勝インタビューで、来場者と共に万歳三唱をしました。

これはありえないことです。
先述したように、横綱は「神の領域」ですから、勝負に文句をつけたり、勝ったことを単純に喜んではいけないのです。
こういった一連の問題の背景には、相撲に対する認識、考え方の違いがあります。
日本相撲協会の中にもそれはあり、そのことが権力争いにまで及ぶといった、まるで政界のような様相を呈していることも残念に思います。

神事であった相撲が、このような発展の仕方をしていくとは誰も想像もできなかったでしょう。
そんな相撲ではありますが、神事であった頃からの伝統、文化が今に至ってもちりばめられています。
しかし、それは日本人以外にはなかなか理解できないことなのかもしれません。

白鵬が、これまで相撲界のみならず、日本にもたらした功績が大きいことは誰しも評価するところでしょう。
抜群の強さで、実績も申し分なく、あらゆる記録を塗り替えてきたわけですが、どれほどの努力を重ねたとしても、日本固有の文化を完璧に理解することはできないのではないでしょうか。
これは、決して人種差別ではなく、それぞれの国・民族には、それまでの歴史の中で培ってきた素晴らしい伝統や文化があり、その神髄はそこに生まれ育ち、何世代かを経なければ、本当の意味での理解はできないのではないかと、筆者は思うのです。
それは、私たち日本人がモンゴルに住んだとしても、同様のことがあるでしょう。
そう考えると、白鵬が起こした先述の2つの出来事も、日本の伝統と文化の神髄を理解できないので致し方のないことといえるかもしれません。

■乱れてきた力士の「ちゃんこ」

さて、大相撲の話に戻りますが、本場所と本場所の間には巡業があります。
日本各地を巡り、普段、本場所を観に来られない方たちのために、力士が稽古を続けながら相撲を観ていただくという、昔から続いている伝統のひとつです。
日馬富士の事件も、その巡業中に起こりました。
 
筆者は時々、相撲部屋に招いていただき、稽古を見た後に力士たちと一緒に「ちゃんこ」を食べる機会を得ますが、その時に思うのは、力士たちにとって最も大事なちゃんこが、本来のものではなくなってきているということです。
ちゃんこは、お鍋だけではなく、力士が食べるすべてのものを指します。
力士は「食べることも仕事のうち」といわれるように、きちんと食べないと出世できません。
そのちゃんこに、以前はあまり登場しなかった揚げ物がたくさん出るようになりました。
すべての部屋がそうだとは思いませんが、その傾向は少なからずあるようです。

力士たちにたくさん食べさせたいという部屋の思いを反映しているのかもしれませんが、体が資本の力士だからこそ、揚げ物の多食は気をつけなければなりません。
しかし、そのあたりの理解は、いまひとつ足りないようです。
市販のマヨネーズを使った料理や、着色料たっぷりの漬物も並んだりします。
さらに驚くのは、どの料理も甘いことです。

記事を一部引用しました。全文はソースで
http://biz-journal.jp/2018/01/post_21946.html

52 :名無しさん@恐縮です:2018/01/11(木) 14:14:08.32 ID:lkRnMMkP0.net

行司まで乱れているから、ちゃんこが悪くなったとの指摘は当たらないのでは?

3 :名無しさん@恐縮です:2018/01/11(木) 11:55:38.21 ID:178irJfE0.net

キムチを入れてちょんこニダ

31 :名無しさん@恐縮です:2018/01/11(木) 12:28:14.32 ID:i0oJ4obW0.net

意味不明な記事だな
肝心の食文化と外国人力士の件も含めて繋がりが支離滅裂

69 :名無しさん@恐縮です:2018/01/11(木) 19:29:35.50 ID:FqPW27tE0.net

【衝撃】フジテレビ、暴力団と「ズブズブの関係」
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482138859/
https://www.youtube.com/embed/YEGNqOkpPP8?autoplay=1

【テレビ】傷害容疑でフジテレビ社員逮捕 タクシー乗降巡り男性会社員の顔を踏んで外傷性くも膜下出血を負わせた疑い
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1508916873/
https://kamome.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1314191608/l50

91 :名無しさん@恐縮です:2018/01/11(木) 22:25:32.49 ID:HJvr6E3c0.net

たばこのヤニで歯が真っ黄色だったけど…
メガキュア使い始めてから10日くらいで、ほとんど気にならなくなった
やっぱ芸能人が普段のケアで使ってるってだけあって効果が速い

27 :名無しさん@恐縮です:2018/01/11(木) 12:24:01.64 ID:61kyccQ50.net

力士はダイエットしないよ
バカか

55 :名無しさん@恐縮です:2018/01/11(木) 14:32:31.23 ID:h29BJDzj0.net

サプリの宣伝みたいな見出しだな

68 :名無しさん@恐縮です:2018/01/11(木) 17:03:26.98 ID:Pir8M5e00.net

ギャル曽根が新しいメニュー考案とか言って唐揚げどーんと出してたな…

77 :名無しさん@恐縮です:2018/01/11(木) 19:40:20.44 ID:nFfdAIjl0.net

近藤将大(白鵬のマネージャー)
https://twitter.com/kmstaydream?lang=ja
【二代目】白鵬の側近 近藤将大【光法】
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/sumou/1431093722/

近藤が社長を務める会社
(株)オフィスコンジョー
http://konjo.jp/

白鵬が極秘に「設立」していた「芸能プロ」の実態
http://www.asagei.com/excerpt/88736
http://www.asagei.com/excerpt/88738
http://www.asagei.com/excerpt/88740
http://www.asagei.com/excerpt/88756

近藤(左)から、時計をもらって喜ぶ石浦
https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/11363929_1474766366160473_697700159_n.jpg

konchanko石浦。
#ええやつ
#かわいいやつ
#時計あげた
#酔った勢い(笑)

komei_sumitaroいきなり過ぎてびっくりしましたが大切につけます!!毎日眺めてます!笑

石浦の非公開アカウント? プロフィール写真笑
https://www.instagram.com/komei_sumitaro/

71 :名無しさん@恐縮です:2018/01/11(木) 19:34:32.57 ID:nFfdAIjl0.net

【悪人】尾車
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/sumou/1514429649/

尾車親方は相当な悪だな

【重要】

相撲協会の『第2の診断書』もみ消し行動判明
協会ナンバー2である事業部長を務める尾車理事(元大関琴風、尾車親方)と済生会病院はズブズブの関係だった。

■週刊新潮 2017年12月21日号(発売日:2017/12/14)

今週の週刊新潮
・診断書はなぜ偽造扱いされたか?
・協会ナンバー2の尾車親方とは
(文春、新潮ともに尾車に注目した記事を掲載)

11/9、九州の済生会病院が第2の診断書(髄液漏れ疑い)を出す

11/17、協会の危機管理委を通じて医師が「重症ではない」とコメントを発表。これが偽造疑惑や憶測を呼び、貴乃花側はダメージを受ける

じつは尾車親方は同病院の院長と親しく、かかりつけ病院にしていて済生会グループで講演もしている

診断書を出した医師は新潮の取材に「全て相撲協会に聞いて下さい。診断書は相撲協会に出したんです、私は」と回答
本来、診断書は受診者に出されるのに何故か「協会に提出した」というセリフが医師の口から飛び出したのだ

「診断書は相撲協会に出したんです」←この医師の発言は看過できない。